法律

法律

民法改正で不動産賃貸業はこう変わる3  賃貸人から保証人への情報提供が義務化

民法改正で不動産賃貸業はこう変わる3  賃貸人から保証人への情報提供が義務化

所有する物件を誰かに賃貸するときは、賃借人が家賃を滞納したときに備えて、保証人もしくは保証会社をつけてもらうのが一般的です。 シリーズ「民法改正で不動産賃貸業はこう変わる」の第3回目は、改正民法により、賃貸人(大家)から…続きを読む

法律

民法改正で不動産賃貸業はこう変わる2  大家が修繕義務を負う場合・負わない場合

民法改正で不動産賃貸業はこう変わる2  大家が修繕義務を負う場合・負わない場合

今回行われる民法改正で、建物の一部に損害が生じた場合、賃貸人(大家)が修繕義務を負う範囲やルールが明文化されました。また、損害により建物の一部が使えなくなったときの家賃の変更についても明確なルールが定められています。 今…続きを読む

法律

民法改正で不動産賃貸業はこう変わる1  個人保証人の極度額設定が義務に

民法改正で不動産賃貸業はこう変わる①  個人保証人の極度額設定が義務に

不動産賃貸業が関わる法律に、民法があります。民法は明治時代に制定され、不動産賃貸業と主に関連する債権法の分野において、これまで大きく改正されたことは一度もありませんでした。しかし2017年5月、その債権法の分野が全面的に…続きを読む

法律

連帯保証人が死亡・失踪してしまったら 家賃債務は誰が負うことになる?

連帯保証人が死亡・失踪してしまったら 家賃債務は誰が負うことになる?

不動産を賃貸している場合、借り主に連帯保証人を付けることが一般的です。しかし、中には大家の知らない間に連帯保証人が死亡したり失踪したりするケースもあります。このような事態が契約期間中に起こったら、大家としてはどのような対…続きを読む

法律

賃貸物件の設備が破損した場合  大家が保証する範囲はどこまで?

賃貸物件の設備が破損した場合  大家が保証する範囲はどこまで?

賃貸物件には、エアコンやガスこんろなど、いろいろな設備が付いています。このような設備が壊れた場合、大家と借り主のどちらが費用を負担することになるのでしょうか。つまり、大家の責任がどこまで及ぶのかという問題です。 今回は、…続きを読む